やしまるが暮らしに役立つ情報をお届けします!

タオル1枚で二の腕を引き締め!ぷよぷよからの脱却方法とは?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アラサー女子のやしまるです。アラサーならではの美容・ダイエット方法やママに役立つ「Q&A」の情報もつぶやいてます!是非ゆっくりしていってくださいね。

気温の高い日が続き、薄着になる日も増えてきました。

長袖を着ているときにはうまいこと隠せていた二の腕も、薄着になると隠すことができません。

半袖を着ると、途端に二の腕が気になるようになりますよね…。

ダイエットをして食事制限や運動をしても、なかなか二の腕のぷよぷよが改善しない…と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

そう、二の腕は「脂肪がつきやすく、痩せにくい部位」でもあるのです。

とはいえ、本格的な夏が来るまでに二の腕のぷよぷよを何とかしたい!と思っている人も多いはず。

そこでここでは、タオル1枚で二の腕のぷよぷよから脱却する方法をご紹介しちゃいます。

● 二の腕を簡単に引き締める方法が知りたい
● 家にあるもので、エクササイズをしたい

こんなふうに思っている方、必見ですよ~!
それでは早速、見ていきましょう。

 

 

二の腕のぷよぷよ、気にならない?

 

5月や6月頃になると、二の腕のぷよぷよが気になるという人は多いです。

冬は長袖やニットで二の腕を隠すことができますが、夏はそうもいきません。

たとえ長袖を羽織るにしても、脱ぐ機会は絶対にありますし、第一冬のようなモコモコ、ボリュームのあるデザインのものは着ませんよね。

そのため、どうしても夏場は二の腕が目立ってしまうのです。

私も友人何人かに聞いてみましたが、この時期は特に二の腕が気になるという人がたくさんいましたよ。

全体的に見れば痩せている友人も、二の腕だけは気になるといっていましたし。

細くてすらっとした二の腕に憧れるという人が多い一方、二の腕が気になる人も多いというのが現状のようですね。

 

 

Sponsored Link

二の腕がぷよぷよになりやすい理由

 

冒頭で、二の腕は脂肪がつきやすく痩せにくい部位だという話をしました。

なぜ、二の腕は脂肪がつきやすい、つまりぷよぷよになりやすいのでしょうか。

その理由には、以下のものが挙げられます。

  • リンパが滞りやすい
  • むくみやすい
  • 日常動作で使うことがほとんどない

簡単に説明しましょう。

ヒトの体は、ワキから背中にかけてやお尻などは、リンパの流れが滞りやすいと言われています。

そのため脂肪もつきやすく、セルライトになりやすくなります。

リンパが滞りやすいということは、それだけ血流も悪く、老廃物も溜まりやすいということ。

むくみも起こりやすく、全体的に太くなりやすいのです。

さらに厄介なのは、二の腕は日常動作で使うことがほとんどないことでしょう。

上腕二頭筋、いわゆる力こぶのできる方は「引く力」ですが、ぷよぷよの気になる二の腕の裏側、上腕三頭筋を使うのは「押す力」。

日常動作で、何かを押すことってほとんどないですよね?

使わない筋肉はどんどん衰えていくのが当たり前なので、筋肉が減って脂肪がつき、どんどんぷよぷよになっていく、というわけです。

 

 

タオル1枚で二の腕を引き締める方法

 

お待たせしました!

それではここからは、二の腕を引き締める方法をご紹介していきます。

二の腕を引き締める方法もたくさんあるのですが、ここでは誰でも簡単にできる方法として、タオルを使ったエクササイズを2つご紹介しましょう。

 

エクササイズ①

 

1. 膝の真上に足の付け根がくるように、姿勢を正して膝立ちする
2. 腕を後ろに回し、おしりの前でタオルを持つ
3. ゆっくりタオルを腰の高さまで引き上げる→10回繰り返す
※このとき、肩が上がらないように気を付けましょう

簡単そうに見えますが、最初は「えっ?これしか腕上がらないの?」と思うくらい、腕が上がらなくて驚きました(笑)

コツをつかむまでは、腕を上げるたびに体が前に倒れてしまって、うまくできませんでした。

体を前に倒さないようにすること、そして肩が上がらないように意識しながら行うと、イメージしていたよりも難しかったです。

自然と姿勢も正しくなりますし、普段猫背の人にも良いエクササイズだと思いました!

私も猫背で姿勢が良くないのですが、この二の腕エクササイズを始めてから、心なしか猫背が改善されたように思います。

 

エクササイズ②

 

1. イスに浅く腰かけて、両足を床につける
2. タオルを、肩幅よりもやや広めに持つ
3. そのまま腕を持ち上げる
4. 肘をナナメ下に引きながら、肩甲骨を寄せる→10回繰り返す
5. タオルを短めに持ち直して、片手を上にする
6. 上下に引き合う→10回繰り返す
7. 上にする方の手を変えて、同じように引き合う

2つ目のエクササイズは、イスに座って行います。

膝立ちの状態でも行えますが、イスがある人はイスを使った方がおすすめです。

私もイスあり・イスなしどちらも試してみましたが、イスに座っていた方がやりやすかったので。

こちらのエクササイズのほうが、二の腕だけというより身体全体が伸びている感じがして、気持ち良かったです。

普段意識しないと使わない筋肉なんだなぁ…ということを、つくづく実感させられました。

こちらのエクササイズのポイントは、肘をナナメ下に引いて肩甲骨を寄せるときに、腰を反らせないようにすること。

肩甲骨を寄せることにばかり意識を持っていってしまうと、つい腰を反らせてしまうので気を付けなくてはなりません。

数をこなすことよりも、ゆっくり行った方が二の腕を引き締める効果は上がりますので、「ゆっくり確実に」やるように意識してみましょう。

今回紹介した2つのエクササイズは、どちらも隙間時間にもできる簡単なもの。

用意するのはタオル1枚だけという手軽さも、ポイントですよね!

テレビを見ながらでも合間にできるエクササイズなので、ぜひ毎日行ってみてください。

私もエクササイズを始めてから1ヶ月ほど経ちますが、心なしか二の腕が引き締まった気がしています!

 

 

Sponsored Link

まとめ

 

タオル1枚で二の腕を引き締める方法について、お話ししました。

今日のまとめ
● 二の腕(上腕三頭筋)は日常動作で使うことがほとんどないため、ぷよぷよになりやすい
● 二の腕を引き締めるためのエクササイズは簡単なので、隙間時間にもできる
● 即効性はないが、続けることで引き締まってくる

エクササイズは、続けることで初めて効果の出るもの。

タオル1枚でできるエクササイズを続け、本格的な夏が来る前にぷよぷよの二の腕から卒業しちゃいましょう!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アラサー女子のやしまるです。アラサーならではの美容・ダイエット方法やママに役立つ「Q&A」の情報もつぶやいてます!是非ゆっくりしていってくださいね。
Sponsored Link



Sponsored Link



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やしまる辞典 , 2020 All Rights Reserved.