やしまるが暮らしに役立つ情報をお届けします!

糖質ダイエット中の方必見!低糖質なのに美味しいラーメンの作り方

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アラサー女子のやしまるです。アラサーならではの美容・ダイエット方法やママに役立つ「Q&A」の情報もつぶやいてます!是非ゆっくりしていってくださいね。

ダイエットの大敵、糖質。

糖質は主に炭水化物などに含まれていて、血糖値を急上昇させることでも知られていますね。

ダイエットのために、糖質を控えているという人も多いのではないでしょうか。

 

とはいえ、糖質は本当にいろいろな食材に含まれているので、完全に糖質を避けるのは難しいといわざるをえません。

また、糖質を避けていると、なぜだか無性に食べたくなるのも事実。

そんなあなたに朗報です!

 

ここでは、糖質ダイエット中でも安心して食べられる、低糖質ラーメンの作り方をご紹介しちゃいますよ~!

やしまる

 

● なぜダイエットに糖質が大敵なの?
● 糖質ダイエット中でも食べられるラーメンがあるって本当?
● 低糖質でも美味しいラーメンの作り方が知りたい

こんな風に感じている方は、ぜひ最後まで読み進めてみてください。
それでは早速、詳しく見ていきましょう!

 

 

ダイエットと糖質の関係とは?

 

ダイエット中に糖質は控えるべき、というのは、おそらく誰でも知っていると思います。

それほど、糖質はダイエットの敵という位置付けですよね。

ダイエット中の人だけでなく、筋肉をつけたいアスリートなども糖質を避ける傾向が強いです。

それはなぜかというと、一言でいうなら【糖質は太りやすい】から。

 

 

糖質を豊富に含むもの、いわゆる「GI値」が高い食品は血糖値が上がりやすく、太りやすいと言われていますね。

血糖値が急激に上がると、血糖値を下げるためにインスリンが大量に分泌されます。

エネルギーとして使いきれなかった糖質は脂肪となって蓄えられるだけでなく、インスリンの過剰分泌は空腹感を招くことから、肥満への悪循環がスタートすると言っても過言ではありません。

 

だからこそ、ダイエット中は糖質を控える人が多いのでしょうね。

 

 

Sponsored Link

糖質ダイエット中でもOK!低糖質ラーメンの作り方

 

今回紹介するのは、糖質ダイエット中でも罪悪感なしで食べられる、美味しい低糖質ラーメンの作り方!

ダイエットをしていると、どうしても空腹との戦いになりますよね。

 

 

しかもなぜか、夜遅い時間になってからラーメンなどが食べたくなるもの。

欲望のままに夜中にラーメンを食べてしまうと、そのあと猛烈な罪悪感に襲われることになってしまいます。

今回紹介するのは、低糖質ラーメンなので安心ですよ!

まずは、こちらの動画をご覧下さい!

 

 

動画は安定のたけまり様です!笑

ラーメンといえば、小麦を主原料とした中華麺を使いますが、小麦は非常にGI値が高く、ダイエット中にはできるだけ避けたい食品の1つ。

低糖質ラーメンは中華麺を使わないので、低糖質かつ低カロリーを実現させているんです。

 

では、材料や手順をおさらいしていきましょう!

 

低糖質ラーメンの材料

 

  • えのき
  • もやし
  • カットわかめ
  • 市販のラーメンスープの素
  • ゴマ(お好みで)
  • 刻みネギ(お好みで)
  • もみのり(お好みで)
  • 桜エビ(お好みで)
  • 煮卵(お好みで)

 

材料は、中華麺の代わりにえのきともやしを使うこと以外は、基本的に自由です。

好きな野菜や具材を入れてOK。

市販のラーメンスープの素も、何味でもかまいません。

今はスーパーなどのラーメンや焼きそばのコーナーに、スープだけバラで売られていますよね。

醤油、塩、味噌、豚骨などたくさんのスープがあるので、自分の好きな味のスープを選びましょう。

この低糖質ラーメンのカロリーは、ほぼスープのカロリー。

 

よりカロリーを減らしたい人は、塩や醤油を選ぶとよさそうです。

また、ゴマやネギ、のり、干しエビ、煮卵などのトッピングは自由なので、好きなものを揃えてもいいですし、家にあるものを使ってもOKです。

 

低糖質ラーメン作りの手順

 

  1. 耐熱ボウル(スープカップなど)に洗ったえのきともやし、カットわかめを入れる
  2. 水を入れる
  3. ラップをかけて、レンジで3分加熱
  4. ラーメンスープの素を入れて、混ぜる
  5. お好みでトッピングを入れる

 

めちゃくちゃ簡単ですね!!

麺の代わりとなるえのきともやし、食物繊維が豊富なカットわかめと水を入れてレンジで加熱し、スープを入れて混ぜるだけでできちゃいます。

カップラーメンを作るのと、かかる手間はほとんど変わらないから驚きですよね~。

しかもメインとなる「麺」はえのきともやしなので、ほぼほぼカロリーゼロ。

スープのカロリーのみなので、だいたい100~200kcal程度で抑えることができるでしょう。

気になる糖質も、スープに含まれるわずかな量のみなので、ダイエット中や夜中でも安心して食べられますね。

 

低糖質ラーメンのポイント

 

低糖質ラーメンを作るときのポイントは、麺の代わりとなるえのきともやしを、だいたい100グラムくらいにすること。

一人分ならば、だいたい100グラムくらいがちょうどいいと思います。

また、煮卵などのトッピングはあらかじめ作って保存しておくと、色々な料理に使えるのでおすすめ。

卵は高タンパク質なので、摂りすぎには注意ですが積極的に取り入れていきたい食品の1つです。

 

低糖質ラーメンを作ってみた感想

 

実際に、私も低糖質ラーメンを作ってみました!

 

 

私は桜エビは苦手なので入れずに、とんこつスープで作ってみました。

もやしが入っているのでシャキシャキした食感もあって、美味しくいただけましたよ。

ラーメンのスープを使っているので、見た目も味もラーメンそのもの!

麺を使わなくても、こんなにラーメンっぽく仕上がることに驚きました。

まりなさんが、ラーメンスープをストックしていると言っていたのも、実際に食べてみたら納得です!

めんどくさい手間も必要ないので、冷蔵庫にある野菜でパパッと作れるところもありがたいですよね。

やしまる

ぜひ、他の味のスープでも試してみようと思いました。

 

 

まとめ

 

糖質ダイエット中でも安心して食べられる、低糖質なのに美味しいラーメンの作り方をご紹介しました。

今日のまとめ
● ダイエット中は糖質は大敵
● 低糖質ラーメンでは、中華麺の代わりにえのきともやしを使う
● ラーメンスープの素を使うので、香りや味はラーメンそのもの

 

ラーメンに乗っている野菜や具を食べているような、そんな気分になれる低糖質ラーメンです。

ダイエット中の人はもちろん、生活が不規則で食事が夜中になる場合などにもおすすめなので、ぜひ作ってみてくださいね!

 

〈関連記事はこちら〉

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アラサー女子のやしまるです。アラサーならではの美容・ダイエット方法やママに役立つ「Q&A」の情報もつぶやいてます!是非ゆっくりしていってくださいね。
Sponsored Link



Sponsored Link



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やしまる辞典 , 2020 All Rights Reserved.