やしまるが暮らしに役立つ情報をお届けします!

【お尻のたるみを引き締める方法】ヒップアップに効くトレーニングを紹介します!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アラサー女子のやしまるです。アラサーならではの美容・ダイエット方法やママに役立つ「Q&A」の情報もつぶやいてます!是非ゆっくりしていってくださいね。

お尻のたるみを引き締める方法が知りたい!というあなたのために、ヒップアップに効くトレーニングをご紹介します。

きゅっと上向きに引き締まったヒップ、素敵ですよね。

 

 

私個人的には、菜々緒さんのような引き締まったヒップに憧れているのですが、現実はそううまくはいきません。

子供を産んでからというものの、体型はどんどん崩れていっているのを痛感する日々…。

特にヒップラインに関しては、年々たるんでしまっています。

先日勇気を出してお風呂場の鏡でチェックしてみたところ、お尻が丸くなく、四角くたるんでいました。

やしまる

本当にショックで、今からでもたるんだお尻を引き締めたい!と強く思い、簡単にできるトレーニングを探していたところ、良いものを見つけたのでご紹介しますね!

  • お尻のたるみが気になる
  • お尻を引き締めるトレーニングが知りたい
  • 短時間でできる、簡単なトレーニングを探している

こんな人は、ぜひチェックしてみてください。

この記事には、以下のことが書かれています。

  • お尻がたるみやすい理由
  • お尻のたるみを引き締める、おすすめのトレーニング
  • おすすめトレーニングのやり方やポイント、感想

 

それでは早速、詳しく見ていきましょう!

 

 

お尻がたるみやすいのは、なぜ?

 

実は、お尻のたるみで悩んでいる女性は非常に多いです。

私の周りでも、やはりほとんどの人がお尻のたるみで悩んでいるような気がします。

お尻のたるみで悩んでいるのは、決してあなただけではありません。

お尻のトレーニングを紹介する前に、なぜお尻はたるみやすいのか?を簡単にお話ししておきましょう。

お尻がたるみやすい理由として、

  • お尻は脂肪が多い
  • 重力の影響を受けやすい
  • 日常動作でお尻の筋肉を使わない

などが挙げられます。

お尻は脂肪が多く、その脂肪を支える筋肉を普段の動きではあまり使わないので、どんどんたるんでしまうのだとか。

特にデスクワークの人など、普段から座っていることが多い人のほうが、お尻の形は崩れやすいと言われています。

 

確かに私もデスクワークで平日は座りっぱなしですし、筋肉の衰えも加わってお尻が悲惨なことになってしまったようです。

そんな私のようなたるんだお尻でも、引き締めることはできるのでしょうか…。

半信半疑で始めたのですが、徐々に効果を感じているので、そのトレーニングをご紹介しますね!

やしまる

 

 

Sponsored Link

ヒップアップに効くおすすめのトレーニングはこちら

 

私も実践している、ヒップアップに効くトレーニング動画が、こちらになります。

今回も我らが救世主【竹脇まりなさん】の動画です!(笑)

まりなさんは簡単そうにやっていますが、実際にやってみると結構キツくて驚きますよ!

詳しくやり方やポイントについて、説明していきましょう。

 

ヒップアップトレーニングのやり方

 

  1. 四つん這いになる
  2. 片足ずつ、外側に開く→数回繰り返す
  3. 反対の足も、同じように繰り返す
  4. 左足を伸ばして、上下に動かす
  5. 右足を伸ばして、上下に動かす
  6. 休憩
  7. 左足を伸ばして、大きく弧を描くように左右に動かす
  8. 右足も同じように、大きく弧を描くように左右に動かす
  9. 左足を伸ばして、上下に動かす(4と同じ)
  10. 右足を伸ばして、上下に動かす(5と同じ)
  11. 休憩
  12. 左足を外側に開く→8回繰り返す
  13. 右足を外側に開く→8回繰り返す
  14. 左右順番に、外側に開く

 

わずか4分間のトレーニングですが、結構キツイです…。

このトレーニングをやると、普段どれだけお尻の筋肉を使っていないかが、痛いほどわかります。

 

ヒップアップトレーニングのポイント

 

お尻のたるみを引き締めるトレーニングのポイントは、

  • 体が横に開かないようにする
  • 背中を反らせない
  • 足は床につけない

という3つが挙げられます。 1つずつ、見ていきましょう。

 

体が横に開かないようにする

 

四つん這いの姿勢で片足を外側に開くとき(やり方の2、3、12、13、14)、体ごと開かないように注意しましょう。

慣れるまではどうしても体を一緒に動かしてしまいがちですが、これはあくまでもヒップアップのためのトレーニング。

お尻の筋肉を刺激することが目的なので、体は開かず、お尻から下だけを動かすように意識して行ってください。

 

背中を反らせない

 

また、四つん這いで足だけを動かすと、どうしても背中を反らせてしまいがち。

最初は難しいかもしれませんが、背中は反らせずにまっすぐを保ちましょう。

背中を反らせてしまうと、ヒップアップ効果が半減してしまいますし、背中に負担もかかってしまいます。

 

足は床につけない

 

そして3つ目は、トレーニング中、動かしている方の足は床につけないようにします。

足を外側に開く、足を上下に動かす、足で弧を描くように左右に動かすなどのトレーニングがありますが、すべてにおいて足は床につけません。

上下に動かすときは、背中とまっすぐになるように足を上げ、そこから上に動かすようにしますので、足が床につくことはありませんね。 また、弧を描くときは、イメージとしては「床につくギリギリまで」足を動かすようにするとgood。

慣れるまでは大きな動きでなくても大丈夫なので、ポイントを押さえて確実に行っていきましょう。

 

トレーニングをやってみた感想

 

実際に私もこのトレーニングを始めて、ようやく3週間が経ちました。

わずか4分でも、最初のうちはものすごく長く感じましたね~。

特に脚を伸ばして弧を描くように左右に動かすのが、最初はどうしてもうまくできなくて。

足を動かすたびに体も一緒にひねってしまって、バランスを保つのが大変でした。

このトレーニングはお尻のたるみを引き締めるためのものですが、意外と腕や腹筋も使います。

自分の身体を支えているのはほとんど腕なので、始めたばかりの頃はお尻だけではなくて腕も筋肉痛になりました(笑)

気になるお尻ですが、最近、お尻と太ももの境目が分かるようになってきたんです!

やしまる

お尻が引き締まってきた証拠ですよね! この調子で、さらに続けていきたいと思います。

 

 

まとめ

 

お尻のたるみを引き締める方法、ヒップアップに効くトレーニングをご紹介しました。

今日のまとめ
● 1日4分間のトレーニングでOK
● ポイントは背中をまっすぐに保つことと、動かしている足を床につけないこと

効果の出方には個人差があるとは思いますが、私は3週間でお尻が引き締まってきたことを感じることができました。

即効性というわけではないですが、確実に引き締まってくるのが分かると嬉しいですし、やる気も出ますよね。

お尻のたるみが気になる人は、ぜひ今日からチャレンジしていきましょう!  

 

〈関連記事はこちら〉

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アラサー女子のやしまるです。アラサーならではの美容・ダイエット方法やママに役立つ「Q&A」の情報もつぶやいてます!是非ゆっくりしていってくださいね。
Sponsored Link



Sponsored Link



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やしまる辞典 , 2020 All Rights Reserved.