やしまるが暮らしに役立つ情報をお届けします!

肌だけじゃなくて髪も日焼けするってホント?日焼け後のケアと対策方法とは?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アラサー女子のやしまるです。アラサーならではの美容・ダイエット方法やママに役立つ「Q&A」の情報もつぶやいてます!是非ゆっくりしていってくださいね。

春から夏にかけての紫外線が強い時期、しっかりと紫外線対策をして日焼けをしないようにしている、という人は非常に多いです。

私も毎朝必ず日焼け止めを塗り、長時間外にいるときには日傘も併用するなど、紫外線対策は徹底して行っているのですが、それでもつい忘れてしまうのが「髪」。

顔や首、デコルテなどの肌は念入りに日焼け止めを塗って対策しているものの、髪の毛の紫外線対策ってほとんどしていません。

そもそも、髪の毛は日焼けするの?という疑問もありますよね。

● 髪の毛も日焼けするって本当なの?
● 髪の毛は日焼けするとどうなる?対処方法(アフターケア)は?
● 髪の毛の日焼けを防ぐには、どうしたらいいの?

これらについて、ご紹介していきますよ!
それでは早速、見ていきましょう。

 

 

日焼けするのは肌だけじゃない!髪も日焼けする?

なんとなく「髪の毛は日焼けしない」と思っている人もいるかもしれませんが、それは間違いです。

結論から言ってしまうと、髪の毛も肌と同じように日焼けします。

むしろ、肌よりも髪の毛のほうが日焼けしやすいのだとか!

その理由として真っ先に挙げられるのは、「髪の毛(頭皮)は体のどの部分よりも太陽に近い」ということ。

確かに言われてみれば、髪の毛は体のどの部分よりも上にあるので、太陽と一番近いです。

外で逆立ちをしながら過ごす人などいませんから、例外なく髪は太陽と最も近く、なおかつ紫外線の影響も受けやすいと言えるでしょう。

もう1つの理由として、髪の毛の表面のキューティクルには、メラニンがないことが挙げられます。

髪の内側にはメラニンがあるため、多少なら、紫外線を浴びても紫外線を吸収することができるのですが、髪の表面のキューティクルにはメラニンがありません。

髪の表面には紫外線を吸収するものが何もないため、紫外線の影響を受けやすく、なおかつ日焼けもしやすいと言えるのです。

 

 

Sponsored Link

髪が日焼けするとどうなる?

髪の毛が日焼けすると、どうなるのでしょうか。

肌は日焼けすると

● 赤くなる
● ヒリヒリする
● かゆくなる
● 皮が剥ける

などの症状が出ますよね。

私は赤くなって皮が剥けるタイプなので、日焼けをすると本当につらいです。

髪の毛が日焼けするとどうなるのか?というと、実は肌が日焼けしたときとほとんど症状は変わりません。

髪の毛が日焼けしたということは、必然的に頭皮も日焼けしていますので、ヒリヒリする、かゆくなる、皮が剥けるなどの症状は同じように現れる可能性が高いです。

髪の毛だけの症状で見てみると、

● 乾燥する
● パサパサする
● ツヤがなくなる
● 手触りが悪くなる
● 切れ毛や枝毛が増える
● カラーの色落ちが激しくなる

などが挙げられます。

いわゆる「髪のダメージ」が、紫外線を浴びて髪が日焼けすると一気に現れてしまうんですね。

これらの髪のダメージは、紫外線によって髪の毛のタンパク質が破壊されることが原因。

特に海やプールなど髪の毛が濡れた状態で紫外線を浴びてしまうと、髪の毛の内側で酸化が起こり、よりダメージを受けやすくなってしまいます。

濡れた状態で紫外線を浴びるのは、きれいな髪の毛にとって大敵だということを、今一度頭に入れておきましょう。

 

 

髪が日焼けしてしまったらどうする?髪の日焼け後のケアとは

髪の毛も肌と同じように日焼けすることが分かりましたが、「うっかり日焼けしてしまった」「プールで遊んでいて、対策を忘れてしまった」なんてこともあるでしょう。

私も肌の日焼け対策は忘れることがなくても、髪の毛の日焼け対策は忘れることが多いです。

もしも日焼けしてしまった、紫外線をたっぷり浴びてしまったというときには、アフターケアをしっかりすれば大丈夫!

浴びてしまった紫外線をなかったことにはできませんが、その後のケア次第では髪の毛のダメージを最小限に防ぐことは可能です。

具体的な方法は、こちら。

● 冷たいタオルでクールダウン
● こすらないシャンプー
● 保湿力の高いトリートメント

1つずつ、見ていきましょう。

 

〈冷たいタオルでクールダウン〉

日焼けをしたあとの肌が火照っているのと同じで、髪の毛や頭皮も火照っています。

まずは冷たいタオルを頭皮に巻いて、火照りを取っていきましょう。

クールダウンをするだけでも、頭皮や髪の毛の状態はかなり変わりますよ。

 

〈こすらないシャンプー〉

日焼け後の頭皮や髪の毛はかなりダメージを受けているので、できるだけこすらないで優しくシャンプーをしましょう。

普段は頭皮をしっかり洗うことを心がけている人も、日焼け後はやさしく洗ってくださいね。

シャンプーをしっかり泡立てて、こすらないように洗うことがポイントです。

 

〈保湿力の高いトリートメント〉

日焼け後の髪の毛は水分を失い、乾燥しています。

失われた潤いを補うため、保湿力の高いトリートメントを使いましょう。

水気をとった髪の毛にトリートメントをつけ、蒸しタオルを巻いておくとトリートメントの栄養が髪の毛に浸透していくのでおすすめです。

しっかりと栄養を補い、ダメージを補強していきましょう。

 

 

Sponsored Link

髪の日焼け対策!髪の毛の日焼けを防ぐには

最後に、髪の毛の日焼け対策をご紹介します。

できることなら、髪の毛が日焼けしないようにあらかじめケアしておくことが大切。

髪の毛の日焼け対策には、どんな方法があるのでしょうか。

  • 日焼け止めスプレー
  • UVカット機能つきトリートメント

髪の毛の日焼け対策として真っ先に思い付くのは、やはり日焼け止めスプレーでしょう。

数年前から、髪の毛にも使える日焼け止めスプレーが販売され、大ヒットしていますよね。

最近では香りつきなどもあるので、好きなものを選んでみましょう。

また、UVカット機能つきの洗い流さないトリートメントもあります。

個人的には、トリートメントタイプがおすすめ。

髪に必要な栄養を補給しつつUVカットもできるので、髪の毛のことを第一に考えるならこちらがいいかなぁと思います。

私も普段髪の毛の日焼け対策をするときには日焼け止めスプレーを使っていたので、今度はトリートメントタイプでケアしてみたいと思いました。

 

 

まとめ

髪の毛も日焼けするのか?や、日焼け後のケアと対策についてお話ししました。

今日のまとめ
● 髪の毛も肌と同様に日焼けする
● 髪の毛は日焼けするとかなりダメージを受けるので、日焼け止めスプレーやUVカットトリートメントなどでケアすることがおすすめ
● 日焼けしてしまったら、冷たいタオルでクールダウンしてから、保湿力の高いトリートメントを使う

髪の毛や頭皮も、肌と同様に日焼けしてダメージを受けます。

きれいで美しい髪の毛を保つためにも、しっかりと髪の日焼け対策をしていきましょう!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アラサー女子のやしまるです。アラサーならではの美容・ダイエット方法やママに役立つ「Q&A」の情報もつぶやいてます!是非ゆっくりしていってくださいね。
Sponsored Link



Sponsored Link



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やしまる辞典 , 2020 All Rights Reserved.